]
sekainohanbun
[素材提供+]
[フリー素材*ヒバナ * *]
[携帯+]
[webfc2_m...+]

はじめに

中世の時代より世界各地で植民地政策を進めて来た「彼ら」は、何世紀にも渡る調査から、極東の小国日本の征服だけは一筋縄ではいかないと分析していた。昔からスパイはたくさん来日している。当時は、宣教師、商人、現在においてはさらに、外交官、軍人、記者、特派員の姿で特権を悪用して活動しているのである。

18世紀、C・P・ツュンベリーは日本人を礼儀正しく勇敢で公正を愛し悪に容赦ないと評した。1872年(明治5年)、日本は、寄港したペルー船マリア・ルース号の奴隷を強制的に解放させるなど、その後、人権問題で何度も欧米を激昂させることになる。そして、日本はあっという間に近代化を成し遂げ日露戦争にも勝利した。予想外の結果に「彼ら」は腰を抜かした。さらに、1919年(大正7年)パリの講和会議で「人種差別撤廃案」を提出したり、台湾、朝鮮、満州、新南群島、南洋群島にインフラ、教育をあたえて驚異的な発展をさせ、欧米の搾取、奴隷化型の植民地政策に真っ向から対抗する手法で勢力を拡大していった。日本は植民地にするどころか「彼ら」白人覇権勢力を直接脅かす容認できない存在になってしまったのである。

[nippon+]
1942年 大日本帝国地図

そして、中国では満洲国の目覚しい発展を目の当りにして蒋介石の影響力は後退、親日派政権の樹立を図りクーデターが起きる等、日本の影響力は無視できないものとなって来る。蒋介石は目障りな日本を戦争に巻き込み叩き潰そうとし、利害が一致した米英は蒋介石を背後から支援した。そして、アメリカはヨーロッパ戦線への参戦を実現する為にも日本を挑発し続け、日米開戦となる。しかし、日本は恐ろしいほど強かった、一時「彼ら」は敗戦すら覚悟し戦争を仕かけた事を後悔したほどであった。その為戦争終結後、今後二度と日本が「彼ら」を脅かすことがないよう、勇猛果敢な日本人を、原子爆弾を落として震え上がらせ、骨抜きにする必要があったのである。

戦争が終りかけていたので原爆の開発を急がせ、この貴重な人体実験

FC2携帯変換について
->続きを表示
<-最初へ戻る
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2